10連勝の経緯

例の丸パクリデッキ

あれで10連勝とれた。
レベル:21
137戦80勝57敗
勝率58.3%


SH370182.jpg
アルティメットスペル:キュアオール・サクリファイスU


2回はたまたま勝ったので何とも言えないが
残りの8勝はきちんとした勝ち筋やアルティメットスペルの意味を考えて戦った意味のある勝利である。

デッキレシピと基本技術を提供してくれた「てるる」氏
応用技術と陣形を提供してくれた王の方
ありがとうございます。

プレイスタイル
てるる氏は完全に攻めっ気がある「どS」なのでエクセレントの回数はすさまじい。
しかし6枚相手だとカウンターが気になって私は出来ない。
特にシールドが多い不死などは簡単にひっくり返ってしまう。

まあ・・・あれだ・・・デッキの中身とUSは丸パクリだが
プレイスタイルは全然違う。

アルカナダウンを連れているので無理して攻める必要が無い。
互角の戦いでもアルカナの差が違う。
トリニティーなんたらとベヒーモスのおかげで互角に相手してもアルカナの差が出てくる。
相手が焦って暴れたところをきっちり仕留める。
エクセレントは私が絶対に取れると思った時以外は取らない。
ラインは中央~自陣アルカナストーン付近で戦う。
相手に動いてもらった方が戦いやすい感覚である。


なにはともあれ基本は受けの姿勢である。
ベヒーモスとビューネイの交代は確定の形として
残りは相手によるのは言うまでもない。

簡単なファーストパーティ構成

対神族:ビューネイ、リディア、ノエル
サクリファイスU→ビューネイ

対魔種:アマゾネス、ベヒーモス、リディア
サクリファイスU→アマゾネス

対海種・対不死:ベヒーモス、リディア、ノエル
対海種:降魔召喚
対不死:サクリファイスU→リディア

実戦にて

対戦相手
主:雷
US:アウェイク・サクリファイスU
ルナ、レナス、フェニックス、まほよ2人
降魔:そうてん

62カウントあたりでキュアオールを使用し強引に居残る。
46カウントでサクリファイスUを双方に打ち互いに微妙な結果に
しかし序盤の有利を維持して勝ち切った。

個人的にはレナスが甘い感じだった。(苦に感じなかったというべきか?)

10連勝の時の対局相手
主:炎(この時点でやる気半減だがやるしかない。)
US:アウェイク・サクリファイスU
フェアリー、サキュバス、モーグリ、チョコボ、エーコ、アジルス
降魔:麒麟

称号狙いだったということもあって勝たせてもらいました。
でもなめてかかると負けるので全力で立ち向かいました。


問題は対人獣
デッキは多種にわたるうえに弱点が無いのでサクリファイスは使えない。
よって降魔召喚になる

しかし分からない。
BB相手は打たれる前に潰すしかない。
ジンとラグナを落とせば良くなる傾向が強い。
いずれも25点なので先手を打って落としておきたい。
ジンは特殊技・OKで落とす。
ラグナは撃複数2枚なので勝手に落ちる。


魔種の場合バハムートが居なければ互角。
いるとアマゾネスをバハムートに当たらなければ投了。
本当にそんな感じである。
本家てるる氏もかなり苦戦していた。


ちなみに10連勝した時の排出ピロー

SH370184.jpg

この私が神族嫌いだと分かって出したのか?
完全に嫌がらせである。
これよりも帽子屋が欲しかった。
活用法は・・・無いに等しいので床の間に飾るぐらいしか・・・
しかし、ゲブ数十枚に囲まれている状況はアレだわ・・・

余談
魔種にはアルカナダウンが無いからいやだなあ
魔種のアルカナダウンが出たら使ってみたい。
ザントマンは呼んでませんww

結論:受けているだけで勝てるこのデッキは私向き
だが称号が上がるとこの戦術も通用しなくなるのだろうか?




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

いろんなデッキを試してみた

拡散海種(動画で見たえげつないデッキを変えてみたもの)
SH370181.jpg

ピュトン先生が働く貴重なデッキ。
ピュトン、テティス、ヴィシュヌ、馬でまず勝てる。
しかし問題は馬を出すまでに大差で負けているとどうにもならない。

あといくら連環が居ても絶対に突破できるとは限らないのでそのあたりは注意が必要。
ヴィシュヌかピュトン先生が撃か炎ならばなあ・・・
ヴィシュヌが海種ならばなあ・・・

でもピュトン先生のおかげでツバーンやオセロメーが届かない。

龍傑
SH370183.jpg

結論:勝てる気がしない。
ランカーの人はよくこれを使いこなすもんだ。
応龍を竜皇にして
蒼天をウォータードラゴンにした方がまだましな気がする。
【餓】スカルドラゴンとかいっぱいあるから
龍傑といった類はまだ何とかなりそう。
しかし属性バランスが難しい。


テルル氏愛用のデッキ(丸パクリ)
SH370182.jpg

なんだかんだあってこれは強い。
以前も使用していたが使い方が三流だったのでやられる始末。
アマゾネスの使用は相手がサクリファイスや降魔召喚の時に使うと便利。
手当たり次第使ってはいけない。
相手が人獣、海種以外の場合は安易な降魔召喚をしてはならない。
切り札は取っておくものだ。
アルティメットスペルはキュアオールとサクリファイスUを使っているが
戦闘に自信があればアウェイクに変更できそうだが・・・
サクリファイスは複数の弱点使い魔に使う。
これは定跡と言ってもいいだろう。
アルカナダウンを持っているので無理をしなくても
丁寧に応対すれば自然によくなる。
バリオスが居ても結構差が出る。
まあ相手がバリオスなら突破できそうだが・・・

今日学んだこと

終盤の寄せなどで役に立つテクニック
制圧妨害を遅らせる方法

壁を作るのはもちろんだが
さらに高度なテクニックがある。
それが以下の図

終盤の定石

実戦例
上の一体をなたたいしにして連環をかける。
その後違う使い魔と入れ替える。
これで制圧速度をあまり落とさずに一方的な制圧ができる。
確実に割りきれる時はこのようにして時間を稼いで紛れを生ませないようにすれば勝率は上がる。


余談
どうでもいいが「ざわ」のブレインストーミングを欠く姿勢は賛同できない。
カードゲームは無謀に見えるからこそ面白く、
強力なデッキが出来上がっていくものである。
見えているものが全てとは限らない。



↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

不足分はどうすれば?

オセロメー

背徳

マッドハッター

全部で7000~8000円近くか?

これが無いだけでデッキの幅が狭くなる。

黄泉神もただの紙くず同然か?

仕方ないのでCPU相手にウォーロックを振り回していました。

ついでにアルカナ偽装も練習したが難しい。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

拡散人獣VSまほよ族

現実逃避は続く

コネ入社でも何でもいいから内定が欲しい。

ブラックでも3年働けばプラスになる・・・らしい。

それはさておき

拡散人獣を使ってだいたい20回ぐらいかな。

エクセレントを取れず(それどころか1回取られた)倒された数も相手のほうが多い(7:14)

にも関わらず勝った対局もある。

相手は私の嫌いな神族
武器炎の時点でやる気半減
ルナ、フラミー、ポポイ、まほよ2人、そうてん

ファーストパーティで畳みかけられる。
中央にて全滅+相手居残りで負けかと思った。
セカンドパーティはごまかされ主張点のない戦いに。

この時点で中央アルカナストーンは7割ぐらい削られている。
無論全滅で全体の1割ほど減っている。

観戦者(王クラスの人々)もこちらの負けだと思い、離れるレベルである。
私もそう思うのが悔しい。

しかし・・・

中盤に相手痛恨の悪手

私は相手がシールドを持っていないことを確認し右辺制圧に向かった。
当然迎撃か左辺制圧の後に中央決戦
どちらかと思ったが・・・

相手が中央制圧に向かったのだ。
しかも中央⇒左辺へ流れたため
こちらも右辺⇒中央と制圧しあっという間に紛れ形

これには先程の観戦者も驚いていた。

その後セカンドパーティ+降魔付きでフルバーストして退却させる。
その間に制圧して逆転。
あとは時間切れまで右辺を守り切り勝利。



余談
相手が炎70とか馬鹿げたデッキでも意外と勝てる。
セカンドパーティはドロシーのおかげで一方的になるからだ。
ファーストは相変わらず相撃ち狙い。
使い捨てができるのが強い。

それよりも武器炎槍+炎が無い魔種が一番勝ちにくい。
単純に火力で潰されるからだ。

あと陣形も少しの工夫で道が開ける
SH370179.jpg

当初はこんな感じだった。
しかしこれでは複数攻撃の多い魔種戦は苦しい。

かといって分散しすぎるとネフィリムの号令が打てない。

それを改善したのが↓


SH370180.jpg

実際はもう少し広がっている。

先駆者の方(上に書いた王クラスの観戦者)に陣形を教わった。
リシアのミリ残しが一番苦しいのでこの陣形になる。
これなら複数攻撃も一体になりネフィリムの号令も打てる。
その間までこの陣形を保つ。
一体でも落とせば帰っていいのでこの陣形でいい。
たまにエクセレントをとれるから怖い。

もうひとつ、セカンドパーティも
アマゾネス⇒ドロシー⇒ウォーロックの順で使用することも教わった。
ウォーロックの効果が長いのでついこちらを先に打ちたくなるが、
コストを考慮してドロシーを先に打つ。
微差ではあるがこの微差で戦況が変わるやもしれん。

勝ち筋が戦闘しかないのでムーブと陣形が全てになる。
身をもって知った。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

拡散人獣をやってみた結果

ファーストパーティ
・タイラント
・ネフィリム
・極楽鳥

セカンドパーティ
・【絆】アマゾネス
・ドロシー
・ウォーロック
武器:光杖
降魔:謀略の射手



対魔種:負け
フェアリー、エーコ、アジルス、魔王、7号、カイネ、蒼天、
距離感をつかめずに負ける。
武器炎とかないわ。

対アリス単(降魔がツバーンだった):勝ち
10コスト軍団で張り合える強さ
セカンドパーティで軽くひねりつぶせる。

対不死(八神軸):勝ち
ジャンヌ、キュベレー、八神、7号、【】バーバ
持ち前の防御力を10コスト軍団によりがた落ち。
相手にもよるがファーストパーティのほうがエクセレントを取りやすい気がする。
無論セカンドパーティはドロシーが活躍する。
ドロシー相手だと八神は置物のようなものだ。

対トラップ不死:勝ち
ノスフェラトゥ、ジャンヌ、ブラムス、ハーロット、重装暗黒騎士、ニーズヘッグ
武器は確か雷だったような・・・
怪しいところは近づかなければいい。
拡散特有の射程を生かしトラップを使わせなかったのが勝因だ。

対神族(勝率80%弱の強豪?サブ?):勝ち
ルナ、フラミー、ケフカ、ポポイ、やまた、背徳
武器が同種族狩りの闇だった。
セカンドパーティで本領発揮。
何もさせずに押し切れる。
ファーストパーティは濁す程度でいい。
相撃ちを取っても十分につり合える。
圧倒的大差で優勢になると降魔込みで全滅してもまだ勝てる。
荒っぽいが全滅リターンゲートでカウンターを決められる。

対海種:勝ち
水虎、アクアキング、SPヤクシニー、サーガ、スカイフィッシュ
ファーストパーティでサーガを落とせるぐらいの勢い。
タイラントが輝いたのが勝因。

対魔種(覆滅が入っていた):負け
フェアリー、サキュバス、リリス、アウナス、モーグリ、エーコ
武器が炎か覆滅+魔種。
いくらなんでもこれは負ける。

対魔種:勝ち
サキュバス、マルコシアス、【】フェアリー、ラグナ、アジルス、背徳
炎が薄いおかげで勝てた。

勝率は80%ぐらい
これをおきに下がりそうだが・・・


↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

fiss-vinbows

Author:fiss-vinbows
将棋の奥の奥まで研究

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
CoJ (10)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
1日に1回
↓にクリックをお願いします。
Blog Ranking
QRコード
QRコード