2五の歩かすめ取り

俗にいう2五桂ポンという作戦です。

私は3三角戦法相手にはあの広瀬が用いたあれを多用しているわけだが、

どうしても右辺が手薄になるので2五桂ポンをされるのは目に見える。

良くある局面はこちら

2五桂ポン

9筋の交換は微妙。
入っているかは相手次第だろう。

さて、ここから△2五桂▲同飛△2四歩の展開が見えるが
どうも相手が楽な将棋を指している気がしてなんか嫌なわけですよ。

何か一味あればいいが・・・

そういえば前の王位戦ではこんな陣形になった。

2五桂ポン始動から
△2五桂▲同飛△2四歩▲2六飛△2五歩▲3六飛△4五角
たしかこのあたりで封じ手になった。
その局面が下図

封じ手の局面

言い方は悪いがアマチュア間の対局ではこんな味わい深い手を指さないので
△4五角ではなく△2八角や△2六歩なんて手もある。

ここから△2八角だと▲8六角があり後手まずいらしい。
放って△1九角成だと▲4五桂△6四銀▲3四飛で突破される上に飛車が良く働く位置にいる。
▲2二歩や3三桂成など楽しみが多い。
△1九角成に代えて△6四歩だと▲4五桂△4四銀(放置は金の位置が悪くなるためまずい)▲6四角
と振り飛車が一方的に良くなる局面にはならない。
厳密に言うと居飛車どうなの?と言いたいが

圧殺されるよりはマシかと。

ではこの局面に戻り
2五桂ポン

どんな対抗策があるか?

・▲1五歩と指す。
・▲2六飛からの3筋転回。
・桂を取らない。

ここでいろいろ浮かぶ。

相手が穴熊だと▲8五歩と▲7五歩が間に合うから飛車を8筋まで転回できるのでは?
1筋の付き合いがあれば▲1五歩は成立しそう。

現時点でありそうな局面は▲1五歩だろうか?

△2五桂の瞬間に▲1五歩と指す。

△同歩の変化と△2四歩の変化がある。

△1五同歩の変化

ここから▲2五飛△2四歩▲8五飛△2八角▲1五香で指せそうな気配。
まあ後手も2八角とは指さないだろう。
なので無茶な手順を尽くすかも
△2八角に代えて△8四歩!▲同飛△8三銀▲8五飛△8四歩▲6五飛△6四歩▲6六飛と
ここまで指してから△2八角でも▲1五香が成立してしまう。
△1五同香▲1六歩で香交換が成立。
つまり△2八角が悪手で一方的に取れるはずの香が取れなかったわけだ。

その図がこちら
香交換成立

こうみるとあれこれ尽くしても良くならないのでは何をやっているか分からない。

じゃあ△2四歩と桂馬を支えるのはどうか?

△2四歩の変化

ここから▲1四歩△1七歩(△1二歩は桂損に等しい)▲1三歩成△同香▲1二角△1一飛(△2二飛、△3一飛との比較は悩ましい)▲3四角成△1八歩成▲2六飛△一九と▲2四馬
これで飛車先を突破し駒損も大分抑えられる。
何より圧殺されないだけでも十分である。
飛車先突破


こう考えると1筋の交換がないとどうしようとか言いそう。
そういえば14回目の実況もこの類似系だったような気がするが
勝っているにもかかわらず欲が出て馬鹿を見る私の動画だったな・・・




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

悪い癖を直すためのあれこれ1

カードゲームには付きものである悪い癖
これを直すだけでも勝率は大分上がると思う。
悪い癖を挙げていくとこんな感じだろうか?

1:メインフェイズ1に速攻魔法・罠カードをセットする。

これに関しては以前も言ったような気がする。
裏側守備表示モンスターを攻撃したら

ライコウのリバース効果で破壊される。
エヴォルド・ウェストロからエヴォルダー・ディプロドクスとつなげられ破壊される。

前者はモンスター以外の選択肢を与えてしまうため悪手となる。
後者はあまり変化の余地はないがディプロドクスがケラト辺りになる。
しかしボードアドバンテージを損ねるので大体悪い。

他にもグレイブ・スクワーマーなどがこれらのプレイングを咎めるカードになる。

あと罠カードをセットしたターンに使ってしまうミスが出ることも忘れてはいけない。
私はその局面を何度も見てきたので
もしメタモルポットや手札抹殺を使う際にはどうしてもメインフェイズ1でセットすることになる。
そのときは横向きにセットしておき、このターンに発動できない「しるし」を付けておくといい。
無論これは公式大会で用いるとルール違反になるがフリープレイでは関係ない。
情報を与えてしまうよりマシだろう。



2:通常魔法や永続魔法をとりあえずセットする。

いわゆる「ブラフ」
残念ながらブラフは効かないと思う。
それはまだいい。
サイクロンで本命を当てられる確率が減るためいいことはいい。

しかし、「ブラック・ローズ・ドラゴン」などでフィールドをリセットするギミックを搭載している場合は良くないことがある。
・貪欲な壺を使いたいが墓地が足りない
・フィールドリセットによるボードアドバンテージを得たい。

なさそうである局面。
これら2つの条件を同時に満たせないことになる。
ちなみになぞねこ氏は通常魔法のセットを異常に嫌っている。


3:ダメージとブラフの存在

戦闘に勝てないと考えてモンスターを守備表示にする。
確かにこれで戦闘ダメージは通らない。
しかしライフポイントを惜しむことによりアドバンテージを損ねることになる。
圧倒的な制圧力をもつ「大天使クリスティア」
だが強者の苦痛やゲイルなどの攻撃力が変化する効果でステータスが変化してしまっては一気に不安になる。

ここで最もやってはいけないことは

守備表示にしてはならないことだ。

これによりオネストが手札にないことがばれてしまったのだ。
この時にジャッジをしていたわけだが(天使族とブラックフェザーの対局)

双方苦しい局面だったのだ。
どちらかがミスをすると敗勢になる。
つまり双方が虚勢を張っている状態である。

ここで「守備表示」にしてしまったことで全てが決まってしまう。
ブラックフェザー側の手札に「カルート」は存在していなかった。
さらに言うとセットされたカードは「トラップ・スタン」だったのだ。
こんな状態でも攻撃表示を堅持した。
これにより天使族側は攻撃を躊躇ってしまったのだ。
「大天使クリスティア」がフィールドを離れると特殊召喚により大量展開される恐怖。
これに耐えきれなかった。
それはまだいい。
何度も言うが守備表示にしたのが問題だった。

その後情報を与えてしまい数ターンが経過したところで攻撃表示にする。
「オネスト」を引き入れたのだ。
ここで一挙攻勢に出たがブラックフェザー側も「ミラーフォース」を引き入れていたため
全ての作戦が瓦解した。

ここで観戦していた約5人全員が
敗着は「大天使クリスティア」の守備表示
これは対局者も当然理解していた。

カードゲームはミスひとつで負けることもあるから面白い。

まあ将棋もそうだが・・・




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

デッキを作成した感想

エヴォルカイザーのデッキ
1:エクシーズ召喚はラギアを優先
2:シンクロ召喚は極力しない。(死者蘇生でチューナーを特殊召喚)
3:全種3積みからスタートして調整する。

ケラトだけ持っていないのでハイドロゲドンで代用。
回してみた感想。

全体的なパワー不足感は否めない。

攻撃力2400は確かに強いが
スターダスト・ドラゴンやホープにやられてしまう。
反転召喚に対応できない。

相手は代行者だったのだが

さまざまな種類がありプレイングの幅が広がるものだ。

種類は・・・

1:ストラクチャーデッキに入っているビートダウン軸
2:次元合成師や奇跡の光臨などを用いた除外帰還軸
3:カウンター罠を多めに加えたクロックパーミッション軸
4:エンジェルO7、インヴィシル・王宮のお触れなどを加えた封殺軸

すべてにマスター・ヒュペリオンと大天使クリスティアが入っているため面倒である。

よって持ち主のミスを咎めるしかない。

上手く咎めるには?

「メインフェイズ1に魔法・罠をセットするのはあまり良くない。」

典型的なミスと言えばこれ

持ち主もこの癖があり思わぬアドバンテージを得ることがある。
伏せたターンに使用するミスによりピーピングができる。

これを咎める状況

エヴォルド・ウェストロのリバース効果からエヴォルダー・ディプロドクスを特殊召喚して魔法・罠を破壊するのがアドバンテージを稼げる。その上、安全率が上がる。

特に3のタイプにおいてはとても重要になる。

結果は

1:互角か?
大天使クリスティアを先出しされない限りは問題なく牽制できる。
どう応じても悪くなる局面もあるのでこのあたりは何とも言えない。
アスモディウスも入っているため戦闘破壊されるときつい。

2:受けきれないため分が悪い。

通常のタイプより蘇生・帰還カードが多いので受け切るのは至難の業。
勝つには回転力を落とすしかないため神秘の代行者 アースの召喚を無効にできるかが鍵。
すでにマスター・ヒュペリオンを持っていると悪化するためプレイングはパーミッション以上の難易度になる。

3:回転がストップしたほうが負けるため手札の影響大。

戦闘破壊されたエヴォルド・ウェストロの効果に対して天罰を使ってくれるのはむしろありがたい気もする。
しかし、エヴォルド・ウェストロを2枚セットしていたらブラック・ホールを打たれ致命傷となった。
どう考えてもこれはミス以外の何物でもない。
効果のむだ打ちによりハンドアドバンテージを稼ぐもマスター・ヒュペリオンを引かれるとすべてが無に帰すのでピンポイントで除去する必要がある。
無論、神罰の存在もあるためカウンターしきれないとあっさり負ける。
よって、小出しにカウンターを打たせて隙を突くか(このデッキはあまり攻撃手段を持ってないのでワンショットは不可能)
カウンターを打たせないようにするかのどちらかとなる。

小出しにカードを使用するにはアドバンテージを一方的に得るカードにカウンターを使わせる。
こちらが1枚消費することにアドバンテージを得る状況。

魔宮の賄賂、天罰の発動⇒ハンドアドバンテージ+1

盗賊の七つ道具、神の宣告、神の警告⇒ライフアドバンテージ

ライフポイントが2000以下になると神の警告が使えなくなるのでこの相手にはライフポイントを著しく削ることも重要な要素かもしれない。
あくまでもクロックパーミッションなので若干の隙があるのが特徴。
これがもし強力なパーミッションだとそうはいかない。
クロックパーミッションよりもカウンター罠の枚数が格段に多いので突破は困難を極める。
しかし自分からアドバンテージを得るカードが少ないのでまだ逆転の余地はある。

4:意外に戦える。

封殺軸の核となる3種のカードは必ずすべてそろうことはない。
そのため無効化されていないカードで攻めることになる。
と言っても完全な封殺の状況下でも
シンクロ召喚、エクシーズ召喚自体は妨害できないので意外に打破できる。
エンジェルO7の攻撃力は2500
天魔神 インヴィシルの攻撃力は2200なので
戦闘破壊してしまえばいい。
しかもこれらのカードは自分のカードも封殺するのでまず妨害されない。
しかしThe splendid VENUSがいると手も足も出ないが非常に稀な布陣なのであまり問題ない。


まとめ

この分の悪い環境の中でもなんとか戦えるエヴォルカイザーのデッキはプレイングと構築次第ではかなり化けるデッキだと思う。
カードプール増加に大きな期待ができるジャンルだ。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ




関連記事

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

弱音を吐くばかり

サークルの部長・・・

早く任期終わらないかな。

早く終わって就職活動したい。

これが原因で嘔吐すると本当に悲惨。

明日は制御工学の試験と実験。

というか今年に入ってからストレスの大半の原因がサークル関連とは

私を殺す気か?



↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

サバイバルゲームにて大きなミス


今回は屋内戦と屋外戦の中間ぐらいのフィールド


完全な屋外戦は本当に死にそうだ。熱中症は危険なので仕方ない。
なぜサンダルで来てしまったのか?
走りにくいなどの弊害があるがここで最もきつかったのは
蚊に刺されることだ。
戦いの最中にかゆみが襲うのである。
ブーツ(サバイバルゲームで用いるアレに準ずるもの)でいけば何事もなかった。

また暑さでポテンシャルを生かせない。
まだまだ初心者な為

スタイリッシュな動きができない。

まだ恐怖に打ち勝てないわけである。

いろいろ考えても上手く立ち回れない。

何かいい方法があればいいが・・・



↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

fiss-vinbows

Author:fiss-vinbows
将棋の奥の奥まで研究

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
CoJ (10)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
1日に1回
↓にクリックをお願いします。
Blog Ranking
QRコード
QRコード