BIG.YONのための相穴熊攻略講座

前回と前々回には穴熊の受け方(補強の仕方)などを解説してきたが

今回はちょっと攻めの要素を追加していこうと思う。

相穴熊

それは切っても切れない存在。

BIG.YON氏にとってはよくあるシチュエーションではなかろうか?

では早速問題を一つ

私の実戦譜より

△4五歩まで

後手が4五歩と角交換を迫ってきた局面。

普通このやり取りは居飛車の方が指しやすいのだが

2枚の金がまだ離れているので釣り合いは取れているという大局観のもとで開戦した。

しかしこの手はあまり良くない。

陣形を見ずに相手の手を咎めてみよ

三手一組で答えよ。
















ヒント1:相穴熊特有の手と言えば














ヒント2:穴熊の欠点は組むまでに時間がかかる点ともう一つは・・・


















正解
▲3三角成
△同桂
▲4四角
▲4四角まで


よく見ると角成を受けるには4二角と受けるしかないのだ。

4二角と打つようでは4五歩の意味が分からないので

相手は無理攻めを仕掛けることになる。

そこを叩くのだ。


無理攻めを誘って東郷氏をやっつけろ!!





終わりにもう一つ問題を出しておく。


△7八銀成まで


難易度はやや高め

分からない場合は次回へ




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

東郷氏のためのゴキゲン中飛車

BIG.YON氏のための穴熊ばかりやってきたので

今回は東郷氏のためのゴキゲン中飛車をやっていこうと思う。

英国王室は一大イベントの状況でも

私は通常運転である。(おそらく東郷氏も通常運転)


東郷氏からの要求はこうだ

東郷氏「3筋と5筋位取りはだめなの?」

私「相当強くないと指せない。」

東郷氏「そういえば師匠も同じようなことを言ってた。」

ということなので掘り下げてみよう。


まずは妨害されにくい居飛車穴熊から

主に2つのタイプがあるので好きな方を指せば勝率は上がると思う。
この辺りは完全に棋風である。

この戦法を使ってBIG.YON氏の穴熊をやっつけろ!!


まずは4六銀型
4六銀型


この形の利点はは玉を柔軟に固められるところ。
もし相手が何もしてこないようであれば
3七銀引・1八香・1九玉・2八銀とこの4手まで進めば攻撃陣・防御陣ともに理想形である。

欠点は攻めがやや単調になる・居飛車側の反撃がきつい。(4五歩が銀当たりになる)



次に5六銀型を見ていこう

5六銀型


利点は攻撃陣が手厚く4筋~6筋の反撃に対応できる。
銀を4七に引けばダイヤモンド美濃囲いになる。

欠点は駒組みがやや難しい。どうしても隙が多くなるので組むまでが勝負になる。



これだけでは分からないので棋譜を







一応一通りの説明は終えたがまだまだ変化は膨大にあるため

次回に続く

今回説明したこと

・攻撃陣の組み方
・攻め筋(まだ沢山ある)
・囲い(銀冠の変化があるかもしれない)
・序中盤(終盤は定跡以前の問題)

どうでもいいが東郷平八郎氏は受け棋風だったらしい。
そう考えると彼のHNに合わない気がする。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

実家にて

実家に呼び出されたので

一体どんな話をするのかと考えていた。

しかし、実際はあまり大したことなかった。

電話でもよくね?

まあゴールデンウィークなので1週間ぐらいは実家でのんびりしよう。


あと東郷氏の要望により

ゴキゲン中飛車の亜種である


3・5筋位取りタイプを主に解説していこうと思う。





↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

神吉流穴熊VS広瀬流四間穴熊

最近四間飛車穴熊が増えてきた。

何故かは分かる。


どう考えても某広瀬のしわざwww



あいつのせいで似非四間穴熊党が増えた。

変な指し手が多いにもかかわらずこちらは神経使わされる。

腐っても穴熊だ。勝っても一手勝ちがほとんどだ。

四間飛車美濃囲いに対して5筋位取りをやろうと思ったが以下の局面になると・・・

一応△6二玉まで

6二玉が早すぎる

どう考えても

どう考えてもあの広瀬の(ry



ということなので

神経を使わずに安心できる戦法を考えた結果・・・



後輩の大先生相手にやってみた。


左美濃ではあるが


左美濃?

いいえ私はまだ2回変身を残している。


ここから右銀を5九⇒6八⇒7九と動かし、穴熊にする。



美濃から穴熊へ

さらに進展する。

そこで戦いが起きた結果が下図


神吉流穴熊


飛車角だけでは手にならないように見えるが意外と戦える。

ここから▲8五歩~▲8六角などの角成りを見せる手がある。



結果は手口を使いなんとか勝利。


相手が振り飛車穴熊の時は使える戦法だ。


左美濃⇒居飛車穴熊⇒神吉流穴熊

この流れは素晴らしいとしか言いようがない。

しかし、攻めが飛車角だけというのは攻めが細い希ガス。





↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

BIG.YONのための穴熊補強講座

さて穴熊(ry講座2回目は

補強する方法についてを取り上げる。

前回の補強は金銀を埋めればいいという単調なものだった。

しかし今回はやや難しい。

どう補強するかを考えてみよう。


今回の問題

前回は私の実戦譜だったので欠陥がありそうだが
今回はプロの棋譜からの引用なので多分大丈夫。


図は7二金まで














































ヒント:埋めるスペースは・・・















正解
△8四歩
▲6三銀
△8三銀


図は8三銀まで



これで先手の攻めはやや切れ模様になった。
ポイントは埋めるスペースを作ること、穴熊にこだわらないこと。
相手の攻め駒が少ない場合は逃げることも考えたほうがいい。
相手の持ち駒を見て埋める、逃げるを使い分けると穴熊の勝率は格段に上がる。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

fiss-vinbows

Author:fiss-vinbows
将棋の奥の奥まで研究

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
CoJ (10)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
1日に1回
↓にクリックをお願いします。
Blog Ranking
QRコード
QRコード