大樹の枝:先手棒銀ver1.1200

ダウンロードリンク↓

大樹の枝:先手棒銀ver1.1200
とても見られたものじゃないので
原図ダウンロードを推奨

11200s.jpg

今回の改訂
1週間コンピュータを動かして2局面ぐらいしか進まないので
大した改訂はできないが
少しずつやっていこうと思う。
結局3三桂と4五銀を再度組み合わせることになった。

以前は4五銀の内容があまりにも貧弱だったので
3三桂に集中したかったこともあって分裂させたが
コンピュータ、ソフトの高性能化
局面の充実によりその必要がなくなった。
画像ファイルはかなり肥大化してしまったが
「大樹の枝」は元来大容量のファイルになることを
想定していたのであまり気にならない。
さらに言うならまだまだファイルサイズは大きくなるだろう。

来週は私用のため改訂は2週間後になると思う。


人気ブログランキングへ

大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺ver1.1100

ダウンロードリンク↓

大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺ver1.1100

とても見られたものじゃないので
原図ダウンロードを推奨

11100.jpg



今回の改訂
実戦で現れた変化を追記
および新しいタイプのAperyを導入。
しばらくの間WCSCと対局させて探索に使えるか検証してみた。
動作は良好
読みの正確さはWCSC遜色なし
深さは十二分

よって導入を決定した。

余談
たまには休憩して横歩取り△4五角でもやろうかな。



人気ブログランキングへ

大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺ver1.1003

ダウンロードリンク↓

大樹の枝ver1.1003

大樹の枝ver1.1003棋譜ファイル



今回の改訂

10回目の改訂になるので総まとめの棋譜ファイルを公開する。

また10回目の改訂で一度区切り
今度はゴキゲン中飛車の研究をやっていこうと思う。
これは前回の改訂でも書いたことだ。
総まとめなので大した改訂は行っていないが次の一手を解いていただきたい。
大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺108手

この局面
どう見ても居飛車が薄く勝ちにくい局面だと思う。
振り飛車側は端にキズがあるが△7一玉~△6二玉の脱出ルートがあるためかなり忙しい。
しかしコンピュータはこの局面は居飛車側の評価が高かった。

答えは上記の棋譜
もしくは大樹の枝の画像を参照してほしい。


余談
明後日(8/25)から長期出張でいないので3週間ぐらい改訂は行わない。



人気ブログランキングへ

大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺ver1.0903

ダウンロードリンク↓

大樹の枝ver1.0903

今回の改訂

主にコンピュータ本体の交換なので新しい読み筋を探索していない。
しかし居飛車の負け局面の読み直しで勝ちに結び付く一手を見つけてきた。
いくつかある居飛車負けの局面は最初から負けだったわけではなく
400点付近からジリジリと評価を落とし、やがて逆転という流れだったので評価自体に問題がなければ居飛車が勝つはずである。
電王戦のように持ち時間が5時間しかないと時間配分の影響でどこかの手を浅くする必要が出てくるが
「大樹の枝」のように持ち時間を実質無制限にし、Aperyが納得するまで考えさせるようにした。
これによりさらに深いところまで探索し見落としを極力減らすことで評価値の信憑性を向上させることに成功した。


次回は10回目の改訂になるので総まとめの棋譜ファイルを公開する。
これを見ながらネット将棋をやってもいいがまず役に立たない。
普通の四間飛車が少ないのでこの戦形になりにくい。
ちょっと前に対局した時は△4五銀の方だったので全く役に立たず手探りであった。

また10回目の改訂で一度区切り
今度はゴキゲン中飛車の研究をやっていこうと思う。


人気ブログランキングへ

大樹の枝:先手棒銀46手目△3三桂周辺ver1.0803

ダウンロードリンク↓

大樹の枝ver1.0803

今回の改訂
大した改訂ではないが人間の指し手を大樹の枝に取り入れることにした。
コンピュータには最善手に見えないが人間の大局観も侮れない。
人間の感覚とコンピュータの理詰めで定跡を完成させていく。
対振り棒銀は勝ちにくいかもしれないが理論武装すれば最も簡単だと思う。
棒銀自体は防ぐことができないためだ。
早仕掛けは玉頭銀の問題が付きまとうため先手なら棒銀をやるべき。
ただし、振り飛車が穴熊にした場合は居飛車も穴熊にしてしまう方が良い。
穴熊を牽制されたり万全な体制に組まれる心配がないなら相穴熊の方が
理論武装しやすい。
“あの”広瀬は振り飛車穴熊が上手いが理論武装されたらそんなものは意味が無くなる。
実際に相穴熊は居飛車の方が有利になりやすい。
振り飛車がいくら工夫を凝らしても居飛車が一つでも対策を持っていたら
飛車先の差だけが残ってしまう。

新しいコンピュータを購入したため
わずかながらもAperyは強くなるだろう。
長時間の対局となるとハードが高性能な方が勝ちやすい。
田舎の町工場で働いているため大した賃金は出ないが
それでも貯金をして60万円のコンピュータを手に入れた。
次回の改定時からは新しいコンピュータで研究していく。
また暇があれば今のコンピュータと対局させてみてどのぐらいの棋力差が出てくるか検討してみる。




人気ブログランキングへ
プロフィール

fiss-vinbows

Author:fiss-vinbows
将棋の奥の奥まで研究

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
CoJ (10)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
1日に1回
↓にクリックをお願いします。
Blog Ranking
QRコード
QRコード