秩序を乱すもの

今回の内容は気分が悪くなる可能性があるので

それは嫌という方はこの記事を開けないでください。



私にとっての秩序の乱れ

不特定多数の人に迷惑なことをかける輩の出現。




↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

脅しじゃないのか?

私が数時間前(12/15 15:00-18:00)に体験した出来事を書きます。

注意:もしこれが原因でトラブルが起きても私は正々堂々と戦います。
もし裁判沙汰になっても負けません。
私は執念深いのでやるといったからにはやります。
相手からの宣戦布告(裁判)ならいつでも大丈夫です。
暴力は先に手を出したら負けの法則があるので私は手を出しません。

面と向かって言いたいわけだが周りの人達に迷惑なので空気を読みました。しかし今思うと言うべきだったかも・・・本当の理由は後述



前もって言うこと

私:字が汚いと言われた事はほとんどない。

I氏:本人は自分の字が私より汚いことを容認している。

相方:留学生(日本語は話せるが完璧ではない。認識の違いで問題が起きる。しかし彼はうっかりしていただけで悪くない。)

教師:4人居るが3人は無関係。よって今回いろいろ言う教師は全て同じ人。

私とI氏は同じ内容のレポートを提出した。
その結果I氏はA判定を私はC判定になった。

理由として

図にタイトルがない。
図に定規を使っていない。(レーザー装置の絵を定規を使わなかった。)

ここまでは規則なので普通なのだが・・・
(規則として√や絵の直線部分を定規で書かなければならない。この時点ですでに普通じゃない。他の教師はそんな規則は設けていない。)

全体的に汚い

原文(証拠にはならない。私が書いたかもしれない疑いがあってもおかしくないから。信じてくれるかはあなた次第。)↓

SH370027.jpg


お前が言えた事か?いくら忙しいといってもせいぜい読める程度に書け!

I氏には書かれていないにもかかわらず私には書かれているってどういうことだ?
お前の勝手なる主観も大概にしろ!


と愚痴をこぼしつつも実験をやっていく。
ホイートストン・ブリッジの実験も無事終了し計算を相方に任せ、レポートのだめだったところを直す。
これがトラブルの原因となることも知らずに・・・(私にも非があるためこうなった)

10分後
相方は計算を終了。誤差もたいしたことなく問題ない。

抵抗率をR=ρ・l/S

ρ=R/l・s

で解いたらしい。

実際には表を書いてその傾きから求めなければならなかった。
私はそれを忘れてしまった。

教師はそれを猛烈に咎めた。それだけではない。私が相方に計算を任せてしまったことも咎めにきた。(というより難癖では?)
この教師、前からいろいろと言っていたようだ。「実験が終わるまで家には帰さん。」など
物理学実験は午後3時から午後6時まで。(今の時期だと終わるころには真っ暗)
ちなみに生徒はまじめに実験をしていた。ただ失敗しただけである。

普通なら「なぜこの実験は失敗したかを検討して後日やり直すか、レポートなどで補填する」ぐらいだろう。

本題に戻る

教師は何を言ったと思う。
「できるまで家には帰さん。」
これならまだ分かる。

しかし、奴は違った。私たちの考えを一歩上まわる発言をしてきた。

「帰れ。欠席扱いにするぞ。」

この物理学実験。一回でも不当な欠席をすると単位を落とす仕組みになっている。(インフルエンザや葬式などは仕方ない)
他に一発で単位を落ちる例:器具を故意に破壊した。コンピュータのデータを消去。人の体を傷つける(レーザーを遊び半分で顔に向けるなど)

つまり「単位を落とすぞ。」と言っているようなものである。

いくらこっちに非があるとしても(上記に比べればかなりマシ)単位を落とすなんて言うか?ただの脅しだとしてもこれはおかしい。

ふと私は思った。
これはアカハラ(アカデミックハラスメント)ではないのか?

ちなみに
アカデミックハラスメントの定義

授業を受けさせない
専攻の変更を迫る
学生のプライバシーを暴露する
不当に多い課題を到底不可能な短期間にこなし提出するよう指示する
学位論文を受理しない
就職活動において不利な扱いをする
私的な用事に使う
教員自身が入信する新興宗教への学生の入信を長期間に渡って強要する


今回の事例は一番上の授業を受けさせないに当たる。間接的に単位を落とそうとするわけだ。


それならアカハラだといえばよかったのだが、
アカハラはパワハラ(パワーハラスメント)やセクハラ(セクシュアルハラスメント)、アルハラ(アルコールハラスメント)よりも認知度が低く、隠蔽されやすいので大々的に言ってもあまり公にされない可能性が非常に高いわけだ。


面と向かって言えなかったのはそのためだったのです。勝算が低い争いごとはなるべく避けたいので我慢しているわけです。アカハラが公にならないのはこういったことなのかもしれない。しかしこれでは負の螺旋が出来上がっていく。

その後、計算をミスするだけでいろいろ難癖を付けられながらも何とかグラフを完成させ、やっと帰れるようになった。しかし相方は軽くキレていた。

私は思った。国籍は違えど、キレるタイミングは一緒であることを。
相方の気持ちは痛いほど分かる。何せ私のミスなのだから。

最後にこれだけは言わせて欲しい。

「納得いかん。これはれっきとした脅しだ。」


追記

「帰れ。欠席扱いにするぞ。」は間違いで実際は
「もう帰れ。お前は欠席や。」でした。

余計にひどくなってます。


↓にクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
プロフィール

fiss-vinbows

Author:fiss-vinbows
将棋の奥の奥まで研究

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
CoJ (10)
FC2カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
1日に1回
↓にクリックをお願いします。
Blog Ranking
QRコード
QRコード